ハイドン 弦楽四重奏第17番 OP.3 No.5

第二楽章が特に有名で、「ハイドンのセレナーデ」と呼ばれ、親しまれています。が、実は、この曲は、オーストリアの修道士ホフシュテッターが作曲したそうです。楽譜の出版社の都合で、ハイドンの作品としたほうが売れる!ということだそうです。

しかし、名曲には変わりないですね!

Joseph Haydn:String Quartet F Major, Op.3,Nr.5
タイトルとURLをコピーしました